SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ALANET 社長ブログ

京都唯一のスーツメーカーの二代目社長の
ファッションと映画の今昔歴
<< 久しぶりの感動 | main | 蕎麦ともみじ >>
あきないは飽きない
  ついこの前まで、口癖のように暑い暑いといって、日陰やエヤコンにたより、家に帰って風呂上がりのビール(私はアルコールはダメですが)が格別であったのに、ひと月もたたない内に急に寒くなり、今ではもうあの暑さが恋しく思われる季節となりました。
人間とは勝手な物で暑い時は早く寒くなって欲しいと思い、寒い時は暑さが恋しい、、、季節の移り変わりとはまことに不思議な物ですね。

 実はあの八月から九月の猛暑は我々の商売に大きく影響します。
昔のようにお盆がすんだら朝夕涼しくなり、ちよっと秋の気配が感じられて「ぼちぼち合物がいるなあ」と思って秋冬物の商戦がスタートしたのですが今では地球の温暖化で日本も亜熱帯となり壱年のうちおよそ三分の一が夏の様です。しかもずうーっ真夏です。
 おかげで、若い女性向けの商品ならいざ知らず我々のやっているビジネススーツは全く上ったりです。
 いつもなら各ショップから御註文頂いている商品は必ず盆明けの八月二十日ごろには出荷していたのですが今年は「ちょっと待って!」ということでひと月以上遅れました。また店頭に来られるお客さんも「こんな暑かったら、まだまだ夏物でええわ!」と全然秋冬物に興味を示されません。
 おかげでこの八月九月十月はもう苦しくて苦しくて地獄のような状態でした。売り上げはがた落ちで、資金繰りも大変です。支払いは全て終わっているのに全く入金がありません。
商売をやっているのが嫌になります。ああ、どうしよう!!!
 世間ではもうお歳暮だの年賀はがきだのとまるでもう年末の様なムードが漂い益々焦ります。
まるで奈落の底につき落とされたような気分で、もう毎日が「針の筵」です。

そんな苦痛の日々を送っている時の事でした。
以前から来て下さっているなじみのお客さんが、まだ半袖シャツを着ていても暑い時にコートを注文して下さったのです。しかもゼニヤのカシミヤのコートです。
「まだこんな気候ですから出来上がりはいつでもいいですよ。クリスマス時分に仕上がったらオーケーです。」といわれました。
 毎日三十度以上ある、こんな暑い日にカシミヤのコートを買っていただけるなんてもう、私は嬉しくて涙が出る思いがしました。
その方曰く「私は16年前からずーっとアラネットさんにお世話になっていますが、アラネットさんの商品が一番です」 「今までも色んなところでスーツを買いましたがアラネットのが一番いいです」

   そのお客さんの一言で今まで落ち込んでいた気分がいっぺんに晴れました。

 ああ、諦めず商売をやっていて良かったなあとつくずく思いました。

       やっぱり商売は「あきない」です。
















| - | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.alanet.co.jp/trackback/101