SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ALANET 社長ブログ

京都唯一のスーツメーカーの二代目社長の
ファッションと映画の今昔歴
<< あまり良くない「夢」の話 | main | 禁煙について >>
今年1年を振り返って
 実は弟は、10月28日になくなりました。昨日、四十九日の法要を済ませたところです。前回のブログで子供の頃、弟と二人で遊びに行った夢の話を書いたのですが、まさかその月末に逝ってしまうなんて思いませんでした。
それから、チョットブログを書く気がおこらず2ヶ月ほどサボってしまいました。今のところ、まだ辛いので、弟のことは書きませんが時間が経過して気持ちが緩んだら又書こうと思います。

   何か今年一年はものすごく早く経過したように思います。

としをとると時間の経過が早く感じられるとよく言いますが、まさにそれ以上です。あまりにも、漠然とすごしてしまって反省仕切りですが、ざっと今年1年を振り返って見たいと思います。

   一月
昨年末に、少々臨時収入があったので内緒(?)で又、時計を買ってしまいました。ほんのチョット余分に収入があると何かものすごく儲かったような気がして、気持ちが大きくなり金額的にはわずかなのに何でも買ってやろうと思い、気持ちだけがドンドンエスカレートして結局高い買い物をしてしまいました。自分でも、つくずくアホやなあと思います。
 それはブレゲのトランスアトランチィックというスポーツタイプのものです。ちょっとカジュアルな服装の時には、やっぱりこんなのがひとつは必要であると自分の心の中で言い訳をし、思い切って買いました。今もはめていますが、さすがブレゲです。
めちゃめちゃ正確でアナログなのに、まるでクヲーツのようです。大変気分がいいです。

   二月   バレンタインのチョコレートです。
いくつになっても嬉しいものです。そしてギリチョコだと分かっていても嬉しいものです。そして、そのチョコを頂いたら余分に高くつくと分かっていても嬉しいものです。いずれにしろ、この年になって若い女性からチョコをいただけるということは誠に喜ばしいことです。

   七月   おやじの17回忌
生前は、いつも怒っていました。そして私は、いつも怒られていました。顔を合わすたびに文句を言われていました。わたしは、いつも腹が立っていました。しかし、なくなってから思ったのですが、やっぱり私のためと思って私に厳しくしていたのですね。もう遅いですが、もっと素直に、もっと良い子でいたらよかったと思います。良い年をして反抗期でした。
いつも、いつも怒っているおやじでしたが、たまに見せるおやじの笑顔は今でも忘れられません。

   七月のモウひとつの出来事


ペペがきました。ちょうど、モウ半年ほどですが元気に毎日狭い家の中を走り回っています。まだ子供なので、大変いたずら好きです。ナナがなくなってからの、この数年間は何か寂しいものがありました。隅のほうから、ふっと出てくるような「錯覚」をいつも感じていたのです。ずっと家の中が暗かったです。ところが、ペペが来てくれて家がパッと明るくなりました。

   毎日、悪いことばかりします。

スリッパや椅子の角をかじったり、おしっこをチョットかけたり、ソレを見て家内が追い掛け回しています。モウすっかり家族の一員となりました。

   八月から十月
とうとう長年の願いだった当社の札幌支店が売却でき、すべて入金が完了し、ほっとしました。開設当初はきっと良かったのでしょうが、長年「あしかせ」になっておりました。大金が、入ったといっても気を緩めてはあきません。強く心に言い聞かせ、気持ちを引き締め、がんばります。
 大手術をして、ガンを摘出して退院したような、爽快な気分を味わいました。

   十月
弟が亡くなりました。今はまだ、あまり詳しくは書けません。又時間がたち気持ちが落ち着いたら弟への思いを書くつもりです。

   十一月
宇多野病院に四日間、入院しました。定期的な検査入院です。以前も入院中の出来事をブログで書きましたが相部屋で他の人に気を使うのも意外としんどいので、チョット贅沢かと思ったのですが個室にしていただきました。前回の入院の時は大変な経験をしたのです。夜中の徘徊、隣の患者さんのイビキ、認知症のかたが大きな声でわめきちらし大変でした。個室にしていただいたお陰で、本当に快適で、穏やかな四日間を過ごすことが出来ました。テレビは一切つけず1日に二三回ある検査の間はずうっと本を読みました。徳川家康の伝記ものと松本清張を三冊読みました。
 ソレとは別に自慢するほどのことではありませんが、贅沢をせず四日間すべて病院の食事を食べました。退院してから、その帰り道で食べた、いつもの行きつけの蕎麦屋のざるそばの美味かったこと。

そんなこんなで、今年一年はあっというまに終わりです。忙しかったから出来なかったとか言うような言い訳は一切せず、来年はもっと時間を大切にして充実した一年にしたいと思います。

   毎年、年末に同じようなことを言っているような気がします。










































 
| - | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.alanet.co.jp/trackback/140