SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

ALANET 社長ブログ

京都唯一のスーツメーカーの二代目社長の
ファッションと映画の今昔歴
<< また映画の話です | main | 不良老人の勧め >>
妙に意地をはる
 あれから、およそ半年が過ぎたので何もかも白状します。実は、昨年の10月二日に交通事故を起こしてしまいました。自慢ではないのですが私はゴールド免許です。この10年以上、無事故無違反です。免許の切り替えの時も、あの辛気臭くて、いやな講習も受けておりません。回りのみんなは私に運転を「へたくそ」と言いますが私には自信があり、いつも安全運転を心がけていました。
と言っても私が抱えているミトコンドリア病という難病のお陰で、この数年は、ほとんど自分が運転して京都を出たという記憶はありません。又昔のことを言うと、怒られますが、九州も四国もひとりで車で出張に行っておりました。何とか効率を高めようと朝早く出発し、1日、何軒もお得意先を回って、がんばりました。
 しかし、今は車の運転は毎日に通勤だけです。たまにお寺へお墓参りに行くぐらいで遠くへドライブなんて考えられません。過去に、スピード違反、駐車違反かささいな交通事故の経験はありますが、およそ50年何とか無事にやってきましたのに、この歳になって交通事故なんて、私にとって耐えられない出来事でした。

 いつものように会社を出て河原町を北上し北山通りに面したときのことです。信号が赤で私が停車しているときに自転車が斜めからさーっと横切ったかと思うと私の車のバンパーに当たりひっくり返ったのです。そして、転倒し私の車の前でうずくまっているじゃないですか、、、、、まるで私がその人を轢いたかのように、、、、
 まだ夕方の七時前で人通りも多く、いっぺんに数人の人が寄ってきました。直ぐに、人だかりになりました。

   何もしていないのに、私はもう犯罪者扱いです。

私の車に当たってきて、こけた女性は足と手に怪我をし少々出血しているじゃありませんか!!慌てて救急車を呼び同時に警察に連絡をとり、その場で現場検証をしてもらいました。そして、その方も、びっくりしたのでしょう。その女性はケガをして泣いておられたので、私も動揺しましたが、直ぐに救急車が来てくれて、結果、大事には至らなかったのです。

 赤信号で停車している私の車に自転車が当たってきて、それで倒れて怪我をしたのに私が加害者になってしまったのです。
どう考えても納得いきませんが仕方ありません。その女性のケガもたいした事はなく、すべて保険で処理が済み、私の車も、バンパーにチョット傷が付いた程度で、それも直ぐに修理しました。
現場検証をしてくれた警察官も私が決して、言い逃れをしているのではない事を分かってくれて、罰金もなく免停にもなりませんでしたが、毎日毎日、何十年も通いなれた道で、こんな事故が起こった不運が、悔しくて、悔しくてたまりませんでした。

 私の車に当たってきた女性を責めても仕方ありません。以前から、心の中で、若いときのような動きがとれない老化を感じており、残念ながら、人にも言えず、ちょうどこれがいいきっかけかと思いました。

   いわゆる「しおどき」です。

しかし、なかなか納得ゆきませんが、その出来事が悔しくて悔しくて、それ以来私は車の運転をしていません。もう、およそ8ヶ月になります。かわいくてたまらなかった愛車もすぐに売ってしまいました。

「ええ歳して交通事故なんて!」とか「足が悪いのに車の運転なんかするさかいや!」とか「注意がたらん!」とか「老化や」とか、、そんな事を人に言われるのが耐えられないので、言われる前に車に乗らないと決めたのです。自分でも良く分かっていますが私は意地っ張りです。
 ところが、車に乗ることを止めてから、いろんな問題が発生しています。
マズ第一に通勤手段です。ご存知のように私は、大変歩行困難なため、電車やバスには乗れません。また、タクシーで通勤する身分でもありません。そんな時、頼れるのは家内しかありません。

   「すまんけど、これから送り迎えしてくれへんか?」

   「もうー、かなんなー。そんなこと毎日はできひん。しゃーないさかい、送り迎えはするけど、私が、あかんときは、息子に
    言うかタクシーにしてや!」   という返事でした。

一応、協力的な回答には感謝しておりますが肩身の狭い思いです。幸い、次男の家が、直ぐ近くなので通勤に関しては今のところほとんど支障はありません。ところが、先日ある問題が発生したのです。もっとも、以前から分かっていたことなのですが、あやちゃん(家内の妹の娘)がハワイで結婚式をするので家族全員招待を受けたのです。大変めでたいことなので即、快諾し私以外全員(七名)五日間ハワイへ行ってしまったのです。
 当初から私は迷惑をかけるからとハワイ行きは断念し、お陰で五日間ペペと二人で留守番です。歩けないのですから外には出られません。土日をはさんでの五日間ですので、会社にはわがままを言って五連休にしてもらいました。なにせ、不便極まりない岩倉です。車がないと外へは出られません。家内の車はあるのですが、意地を張って車に乗らないと決めた以上、乗るわけには、ゆきません。誰も見ているわけでもないのですから、家内の車でそっと外出したって別に問題ないのですが、自分でもう乗らないと決めた以上そういう訳には、ゆきません。お陰で五日間、家にこもりっきりでした。好きな映画は、しっかり見られましたが、私の、この頑固さの為、ふじゅう極まりない連休を過ごした次第です。免停でもないのに私の妙な意地っ張りの性格で五日間も無駄な時間を過ごしてしまいました。

 ただでさえ、だんだん歳をとっていくのですから、もうちょっと柔軟な考え方をしないとアカンと私自身よく理解しているのですが、そう簡単に性格は変えられません。

 しかし、このごろ、あまりにも不便なので、いつまでも意地を張ってないで又車に乗ろうかなあと思っておりますが、人には言っておりません。

      やっぱり、意地っ張りですね!!






































































 
| - | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.alanet.co.jp/trackback/144