SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ALANET 社長ブログ

京都唯一のスーツメーカーの二代目社長の
ファッションと映画の今昔歴
<< ペペと暮らせば | main |
ながい言い訳

 まあ、一体なんということでしょう。長い間、定期的につづけてきたブログを一年以上もさぼってしまいました。誠に怠慢のきわみですが、まづは言い訳から聴いていただきます。

 

 他人から見ると別になんでもない話なのですが、この一年は私の70年の人生にとって数少ない大きなターニングポイントとなる出来事がありました。それゆえ、時間はイクラでもあったのですが、ゆっくり集中してブログを書く心のゆとりがありませんでした。

それと、長年共に歩んできた弟を三年前になくし心にぽっかりと穴が開いて何をするにしても気合が入らない状態でした。

まあ、なんとか日常の業務は支障なくやってまいりましたが、数年前から抱えている難病のミトコンドリア病が以前よりも悪化し最近では殆んど歩けない状態です。歩けないと言うことは本当に不自由です。幸いなことに内臓や脳や心臓には異常なく、足が動かないということ以外は健康です。

 以前から、どちらかというと行動派の方で、あれもしたい、これもしたいと思う行動範囲が大幅に狭められます。立っているのがやっとの状態で、杖を突いて数歩歩くと、もうフラフラです。そんな状態なので、直ぐ疲れてしまい根気や粘りが失われます。多田、救われるのは命には別条が無いということですが、いくら小さな会社と言えども、こんな状態でいつまでも社長が務まるわけがありません。まして、我々の商売はアパレル業です。つまり、男をかっこよく、オシャレにさせるための服をつくる仕事なのに、足の悪い老人が店の中をウロウロしているなんてイメージダウンもはなはだしい限りです。何度も言うようですが、いくらわが社のような小さな会社と言えども、その長たる者は心身ともに健康でないと、うまくいくはずがありません。まして、今はとても厳しい状況です。昔のように、「頑張ったら、何とかなる」というような社会状況ではありません。

 顔には、出しませんが、いつも危機感を感じ落ち着かない状態でした。決して人には言えませんが、

   「ああ、ぼちぼち潮時かなあ」と心の隅で思うようになりました。

 

 そんな頃、私の様子を何時もそばで見ていた息子が哀れに思ったのか、社長交代を了解してくれました。そこで、めでたく昨年の八月に三代目が誕生いたしました。あとを継いでくれるということは、本当にありがたいことです。世間では、我々のような、小さな家業で、跡継ぎが無く困っておられる話をよく聴きます。それと、たとえ息子や娘であっても、その家業の仕事内容が好きでないと勤まりません。仕事だからとか、仕方なくとか、やらなくてはならないからとか、では絶対に続きません。この仕事が好きで、天職と思えるか、、、そこがとても重要なのです。

 

 それから、ちょうど一年が経過しましたが、この一年は今までに無い違った苦労がドンドン発生し、実際に仕事は何もしていないのですが、常に気持が落ち着かない状態でした。全て、自分がやらないときがすまない性格で、なんでもかんでも、自分がやってきました。今までずうっとそういう生活でしたのに、たとえそれが息子と言えども人に任せていくと言うことが別の意味で大変なことやなあと、改めて思いました。

 大きい方向性は、たとえ同じでも、任せた以上、決して、いちいち小さなことで口出ししてはあかんと心に念じながらも、ついつい気になって言ってしまうものです。そのような、モヤモヤした心をコントロールすることが精一杯で何かしら落ち着かない一年でした。両手両足を縛られて、さらに、口をふさがられたような1年でした。

 

 親の私が言うのも、おかしな話ですがなんとか彼なりによく頑張っていると思います。

 

   親ばかですね。

 

 親父がもし生きていたら、きっと泣いて喜んだと思います。アラネットが七十年続いて、しかも三代目が誕生したのですから、、

   (ところが成績がよくありません)

生前、親父が私によく言っていました。「お前みたいなもんが、やったら会社は1年も、もたんは、、」と、今思うと、その時おやじは口ではそういっていたのですが、きっと心では、あとを継いでくれたということを喜んでいたと思います。今の私の思いと、そのときの親父の私に対する思いを重ね合わせて考えると、あの言葉は私に対するエールだったのでしょう。親父の教育法は私にいつもボロクソに言い、さんざんムカつかせ、そこからやる気を起こさせると言う、いわゆるスパルタ教育でしたので決して甘い言葉を言いませんでした。しかし、ふっとしたときに見せるあの親父の笑顔は決して忘れてはおりません。

 

 きっとこのブログを読んでくださっている皆様は、わづか数人の家業でたかが息子に譲っただけの話やないかとお思いでしょうが、そこには、私なりに秘めた喜びと、大丈夫やろかという不安が入り混じり、なんとも心が揺れた1年だったのです。

 

   書いていて恥ずかしいほどの長い言い訳でした。

 

 それともうひとつ、私にとってとても大きな仕事を、この1年でやりました。それは本業であるアラネットとは別に私個人の不動産賃貸業を法人化し、アラネットが紳士服と不動産業を両方するという形態に変えました。金融の問題、税制の問題、と色んな困難がありましたが、銀行の方と税理士さんとで散々やり取りして、今年の7月でやっと登記が完了して、やれやれといったところです。ちょっとこのブログでは詳しいところまでは書けないのですが、長年描いてきた私の計画がやっとの思いで完了いたしました。これをもちまして、私の仕事はもう殆んどありません。いずれにせよ、全ての責任は死ぬまで免れませんが、私としての日常の業務からは解放されます。これでやっと代替わりが出来たということを、ひしひしと感じ、何かほのかに達成感を感じました。

 

   後は、息子が頑張るだけです。

 

ありがたいことに、アラネットを今まで支えてきてくれた社員がおり、息子が少々ふらついても、きっとみんなが軌道修正してくれるでしょう。これで、めでたく私は用なし人間になれたわけです。

 

 さあ、これから何をしましょう。足が動かなくても出来ることはいくらでもあります。今までとは違う喜びや生きがいを探していこうと思っています。

 

   追伸

       また、息子に怒られそうです。「話しがくどい」と、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.alanet.co.jp/trackback/150